生涯学習ブックレット 人は終生の師をもつべし

生涯学習ブックレット 人は終生の師をもつべし

販売価格: 648円(税込)

重量: 92g

在庫あり
数量:

 

 

 

 

“卓越せる師を持つ者は、終生道を求めて留ることなし”

長年にわたり、稀世の教育哲学者・森信三氏から直接に教えを受け、氏を人生の師と仰ぐ著者の求道遍歴。

尊い自分の存在に気づくことは、親・祖先比較相対を超えた「絶対恩恵のかたまり」であることを自覚することである。

長年の求道遍歴から得た「孝」の本質。

寺田 一清 著

64頁 A5判 ISBN: 978-4-89639-197-8

 

 

【主な内容】

 

  • はじめに――師ありてこそ
  • 心に引っ掛かったひと言
  • 呉服商を家業として
  • モラロジーを熱心に学ぶ家庭
  • 戦時中の東亜外事専門学校
  • 信仰の始まり
  • 不思議な忠告
  • 森信三先生とのご縁
  • 「立腰」を実践する
  • 心に響いた森信三先生の言葉
  • 師の教えを生活に活かして
  • 国民教育の師父・森信三
  • 成長のための三大条件
  • 師の細やかな心配り
  • 一元三間の法
  • 多くの先師に出会う
  • 「孝」の哲理について
  • 『伝記 廣池千九郎』を拝読して
  • 真の愛とは
  • 人生のコンバージョンについて
  • 逆境は神の恩寵的試練なり
  • 谷川記念館を訪れて
  • 廣池博士の第三回目の開眼
  • 感謝の結び

 

<著者略歴>

寺田 一清(てらだ いっせい)

昭和2年、大阪府生まれ。

旧制岸和田中学を卒業。東亜外事専門学校(現・麗澤大学)に進学するも病気のため中退。以降、30年間、家業の呉服商に従事。昭和40年、38歳のとき森信三氏に出会い師事し、著作の編集発行を担当する。森氏が創設した社団法人「実践人の家」の常務理事を長年務める。現在、不尽叢書刊行会代表。

編著書に『森信三一日一語』『森信三先生随聞記』『鍵山秀三郎語録』『西晋一郎語録・人倫の道』『10代のための人間学』『父親のための人間学』『家庭教育の心得21――母親のための人間学』『二宮尊徳一日一言』(以上、致知出版社)、『「三つのしつけ」――親も子も共に育ちましょう』(登龍館)など多数。 

 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

 

<関連書籍のご案内>

 

 

 

生涯学習ブックレット 人は終生の師をもつべし

販売価格: 648円(税込)

重量: 92g

在庫あり
数量: