親学のすすめ―胎児・乳幼児期の心の教育

親学のすすめ―胎児・乳幼児期の心の教育

販売価格: 1,728円(税込)

重量: 472g

在庫あり
数量:

 

 

 

 

 

子どもは親の鏡

だから、子どもの脳・心・感性を育てるための「親の学び」を提案します。

子どもの脳・心・感性をどのように育てるのかを学ぶ「親学」。

胎児・乳幼児期における心の教育と親子の心の絆の深め方について、主婦・小児科医・遺伝学者・保育園園長・カウンセラーなどさまざまな立場から、具体的に指摘します。

親学会編/高橋史朗監修

328頁 四六判 ISBN: 4-89639-092-X

 

 

【本書の主な内容】

まえがき

第一章  「親学」とはなにか (益田晴代)

第二章  親と子のきずな ―― 小児科医の立場から (高橋えみ子)

第三章  子供の心はどのように成長するのか (渡辺久子)

第四章  遺伝学研究に見る脳の発達と子育て (福田一郎)

第五章  幼児教育における親の学びとは (長田安司)

第六章  心の教育はなぜ必要か ―― 母親の立場から (益田晴代)

第七章  親の生育歴と子育て (渡辺晋三)

第八章  父性・母性が「親学」の原点 (高橋史朗)

第九章  「親学」の現代的意義 ―― 脳科学と男女共同参画の視点から (高橋史朗)

 

 

<著者一覧>

高橋史朗/渡辺晋三/高橋えみ子/福田一郎 長田安司/益田晴代/渡辺久子

 

 

親学のすすめ―胎児・乳幼児期の心の教育

販売価格: 1,728円(税込)

重量: 472g

在庫あり
数量: