続・親学のすすめ-児童・思春期の心の教育

続・親学のすすめ-児童・思春期の心の教育

販売価格: 1,836円(税込)

重量: 452g

在庫あり
数量:

 

 

 

 

「しっかり抱いて、下に降ろして、歩かせろ」

脳科学に基づく子供とのかかわりの要点は、昔から伝わるこの言葉の中にあった。

児童・思春期の親子の絆の深め方を具体的に提言。

「親学」とは、子どもの脳・心・感性をどのように育てるのかを学ぶこと。

また、「親になるための学習」「親が親として育ち、力をつける学習」である。

本書は、児童・思春期における心の教育と親子の心の絆の深め方について、具体的に提言する。

親学会編/高橋史朗監修

328頁 四六判 ISBN: 4-89639-127-6

 

 

【主な内容】

はじめに

第一章  脳科学に基づく子供とのかかわり方 (高橋史朗)

第二章  テレビゲームが脳に及ぼす影響 (森昭雄)

第三章  臨床現場から見た母子関係論 ―― 子供の心を伝える (池田秀子)

第四章  「17歳」の領収書 ―― 乳幼児期の子育てと思春期 (菅原久子)

第五章  思春期 子供の変わるとき (益田晴代)

第六章  青少年非行の原因と解決策 (高橋一郎)

第七章  親のこころ 子のこころ 和のこころ (松井ケティ)

第八章  学ぶ心を養う (松浦勝次郎)

 

  

続・親学のすすめ-児童・思春期の心の教育

販売価格: 1,836円(税込)

重量: 452g

在庫あり
数量: