扶育の大恩に感謝して

扶育の大恩に感謝して

販売価格: 972円(税込)

重量: 198g

在庫数 20点
数量:

 

 

 

 

67年前、モラロジーの教学に接した著者が、廣池千九郎博士をはじめ、諸先輩方から直接指導を受けたエピソードを交え、諸伝統の扶育の大恩に対する感謝報恩について語る。

加藤芳三著

120頁 四六判 ISBN: 4-89639-093-8

 

 

【主な内容】

 

はじめに

第一章  魂の教育

  • 昭和十二年、道徳科学専攻塾に入塾
  • 毎朝、夕の大講堂での礼拝
  • 先輩の言葉で一大変化が
  • 文字の奥にある真理を悟る

第二章  廣池博士の生き方に学ぶ ― 「儼」「温」「厲」

  • 孔子と廣池博士
  • 孔子の「儼」「温」「厲」
  • 廣池博士の「儼」「温」「厲」
  • 顕在的精神伝統と潜在的精神伝統
  • 博士の姿から学ぶ
  • 博士と「同行二人」を

第三章  サルベーション(人心救済)の意義

  • 道徳科学社会教育研究会
  • 「サルベーション」に込められた五つの教え
  • 神様のお仕事には決して無駄はない

第四章  精神伝統の扶育の大恩に応える

  • 「耳目の害に囚われるな」
  • 常に伝統のことを考えて
  • 品性感性の道が消える三つの原因
  • モラロジー教育活動に従事する意義
  • 「伝統にあらず、伝統の使者なり」
  • 精神伝統の子ども
  • モラロジアンに必要なこと
  • 精神伝統と心の絆を結ぶ
  • 「報恩は定期便ですか?」
  • 「弟子の行跡が師匠の顔に泥を塗る」
  • 精神伝統への感謝生活に入る
  • お陰を自覚して、感謝することが大切
  • われ神とともにあり

 

<著者略歴>

加藤 芳三(かとう よしぞう)

大正8年(1919年)、滋賀県生まれ。

商業学校を卒業後、昭和12年4月に道徳科学専攻塾本科代期生として入塾。14年同塾を卒業後、実家の織物製造および販売業に従事する。 34年からモラロジー研究所に奉職。以後、総務、人事関係業務従事、福島社会教育センター主事、廣池千九郎記念館幹事、専任講師、生涯学習本部顧問、学校法人廣池学園評議員等を歴任。

 

 

扶育の大恩に感謝して

販売価格: 972円(税込)

重量: 198g

在庫数 20点
数量: