廣池千九郎エピソード〈第一集〉 誠の心を受け継ぐ

廣池千九郎エピソード〈第一集〉 誠の心を受け継ぐ

販売価格: 1,080円(税込)

重量: 130g

在庫あり
数量:

モラロジー研究所出版部 編

128頁 新書判 ISBN: 978-4-89639-217-3

モラロジー創建者の姿を伝える逸話集 廣池千九郎に大正時代より師事した人々(中田中/香川景三郎・初音/松浦香)が語るエピソードを収録。

そこには人を温かく包み込む、慈父のごとき廣池の姿が浮かび上がる。

【主な内容】

刊行にあたって

凡例

一、円満な生き方  (中田 中)   

  • 土の中に施された肥料となろうと思う
  • のけなさい。これは人の腰掛けるところだ  
  • これで三方どちらもよい   
  • 一生懸命にやろうと思う気持ちを傷つけない
  • 向こうを大事にすることが、私を大事にすることだ
  • 一方は落ち着いておるし、一方は手早くてよい
  • 人格の変化を受けるのに、ただということはない

二、いのちを慈しむ (香川景三郎・初音)

  • 慈悲が先で正義は最後
  • 墓石に布団は掛けられない
  • 神様に対する感謝報恩の心持ち
  • 自分は神様を欺くことはできぬ
  • 金儲けを教える学校はいくらでもあるが、金の使い道を教える学校がない
  • わしはご飯を与えているのではない。お乳を与えているのである
  • よく来たなあ。幾日滞在して帰りますか
  • もしお腹に障ったらかえって無慈悲であるから、やらないのである
  • さあというときに役に立つ者でなくてはならない 
  • “ハイ”と素直に服従したその心を、名古屋の人に移しにいくのです

三、育てる心 (松浦 香)

  • さぞ疲れたことであろう。挨拶などは後でよい
  • 仁草木に及ぶ
  • 世のため人のためにならないことは、たとえ一銭の金たりとも無駄にしてはならない
  • 身の回りは質素倹約し、人心救済に一切を捧げる
  • 不道徳に対しては、まず法律でいくよりほかない
  • 叱るのと怒るのとでは、心づかいはまるで違う
  • 叱ってくれとは、伝統に対して心配をかけると宣言しているようなもの
  • 何事においても謙虚で、人々の下にいる心で働く人は、万両の値打ちがある 

 

【執筆者一覧】

  • 中田 中(1887〜1964/元モラロジー研究所・廣池学園顧問)
  • 香川景三郎(1884〜1974/元モラロジー研究所・廣池学園顧問)
  • 香川初音(1890〜1986/香川景三郎氏夫人)
  • 松浦 香(1901〜1989/元モラロジー研究所顧問・廣池学園理事)
廣池千九郎エピソード〈第一集〉 誠の心を受け継ぐ

販売価格: 1,080円(税込)

重量: 130g

在庫あり
数量: