詳しい内容は表紙画像をクリック

道経塾

今からさかのぼること約70年前、不況や労働争議で混迷する昭和初期に、モラロジーの創健者・廣池千九郎は事業経営者や産業界に向けて、「道徳経済一体」の理念を提唱しました。

「道経塾」は、この「道徳経済一体思想」に基づき、先行き不透明な現代において、磐石な経営基盤を築き、永続発展はたすための指針を提供する経営者情報誌として、平成11年に創刊されました。

本誌は2ヶ月に一度、豊富な実践事例をもとに、企業や経営者が日々直面する課題に深く切り込み、不動の人生哲学、不変の経営理念、不断の経営実践を追求し続けます。
<バックナンバーは過去1年分に限りご購入いただけます>



B5判 68ページ 毎月1日発行 定価550円(本体価格510円)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1

  • 『道経塾』114号(平成30年5月発行)

    『道経塾』114号(平成30年5月発行)

    550円

    在庫あり

    平成30年5-6月No.114 目 次 「道経」とは、道徳という基盤の上に経済を築き上げる「道徳経済一体」という言葉を略したもので、「塾」という文字には、「学びの場」という意味が込められています。 軍…