『れいろう』令和元年5月号

『れいろう』令和元年5月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 136g

在庫あり
数量:

3 母を憶う 47
母の後ろ姿をお手本として
中村秀信
4 BEYOND 〜輝け! 東京アスリート〜 4
笑顔に開く天の花
──つらいときこそ笑顔で
浦田理恵
11 特集 心づかいと健康
12 体は神様からの預かりもの
モラロジー研究所 生涯学習講師 福島道博
17 テーマ解説 5
自他の健康を守る
──法則に適った心のはたらかせ方
モラロジー研究所 顧問 松浦勝次郎
22 誌上ゼミナール
体を大切にする心づかい
廣池千九郎エピソード〜無理は不健康のもと〜
本誌 編
25 祈りのしつらえ 17
古より続く端午の風習
端午の菖蒲包み
広田千悦子
26 女徳なくして国は栄えず 17
日本の男女観(四)
──武士はフェミニスト? 鎌倉期その二
石川真理子
28 白駒妃登美の「なでしこ」歴史物語 63
学びの道も
かくこそありけれ(一)
──近代女子教育の母・昭憲皇太后
白駒妃登美
31 今日から始める自分磨きの習慣 65
天 職
三枝理枝子
32 心に残る話
30分進んだ時計
宮前なお子
34 地球さんぽ 29
バンコク(タイ)
本誌 編
37 ポカポカかぞく 〜家族のきずなエッセイ〜 53
「命のロープ」
射残慶太
38 勇気づけ子育てであなた色の人生を 5
心に寄り添う
長谷静香
40 小さな幸せ見ぃつけた 5
子どものものさし、
大人のものさし
棒田明子
42 じいちゃん、ばあちゃんが先生! 20
お墓参りはどうして行くの?
俣野幸昭
45 対 談
皇室の歴史にたどる
この国の成り立ち
小柳左門
  ×
白駒妃登美
50 清水店長の「あなたに応えるこの一冊」 53
私たちは都合が悪くなると、
つい言葉を言い換えたり、
ごまかそうとしたりします。
どうしてなのでしょう。
清水克衛
52 それぞれの花 29
芳 春
文=田渕高志
56 パパッと旬菜 もう一品 17
パプリカの中華風きんぴら
/パプリカとささみの和風炒め
そら豆と鶏肉のしょうゆ炒め
/ガーリック風味のそら豆
本誌 編
読者のひととき
60 ◦誌友会案内
ぐるり全国 れいろう誌友会
れいろう会(徳島県・小松島)
62 ◦投稿コーナー
65 ◦れいろうクイズ
66 次号予告/編集つれづれ記
令和元年5月号「杜若」
お隣の奥さんが丹精込めて育てたドイツあやめの切り花をいただいた。下に垂れ下がる顎の部分より上に立ち上がった花弁がとても大きい。その花弁を紙に挟んでみたら、それはそれは薄いオブラートよりもずっとはかなく脆い、くすんだ紫色に透き通った押し花ができた。地面の上や花瓶の中で、花弁を艶やかな紫色に立たせていたのはその微細な細胞のすみずみにゆきかう水の力だったのだろうか。短い命をせいいっぱい全うしようとする、その健気さにしんみりしてしまった。

『れいろう』令和元年5月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 136g

在庫あり
数量: