『れいろう』平成31年3月号

『れいろう』平成31年3月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 140g

在庫あり
数量:

3 母を憶う 45

父の威厳と母の慈愛

西亀 真

4 BEYOND 〜輝け! 東京アスリート〜 2

世界へ羽ばたく、プロゴルファーをめざして

吉田優利

11 特集 慈愛に満ちた家庭づくり

12 家庭を温める「ありがとう」の習慣

小浜モラロジー事務所 登録維持員 三國宏子

17 テーマ解説 3

明るく円満な心を養う

──家庭づくりは自分づくり

モラロジー研究所 顧問 松浦勝次郎

22 誌上ゼミナール

慈愛に満ちた家庭づくり

廣池千九郎エピソード〜良妻賢母から良妻慈母へ〜

本誌 編

25 祈りのしつらえ 15

女の子の成長を祝う

桃の節供の箱飾り

広田千悦子

26 女徳なくして国は栄えず 15

日本の男女観(二)

──女性を高めた仏教 飛鳥〜平安

石川真理子

28 白駒妃登美の「なでしこ」歴史物語 61

陛下をお救いください

──昭和天皇を守ったなでしこ・河井道(1)

白駒妃登美

31 今日から始める自分磨きの習慣 63

主客同一

三枝理枝子

32 心に残る話

前向きに生きる

今井崇人

34 地球さんぽ 27

チンクエ・テッレ(イタリア)

本誌 編

37 ポカポカかぞく 〜家族のきずなエッセイ〜 51

「私の立ちびな」

柴田 舞

38 勇気づけ子育てであなた色の人生を 3

尊敬と信頼の心でかかわる

長谷静香

40 小さな幸せ見ぃつけた 3

わが子はどんな子?

棒田明子

42 じいちゃん、ばあちゃんが先生! 18

人間はどうして刃物とか

危険なものを作るの?

薮下 惠

45 特別インタビュー

だいじょうぶ

「不登校」は抜け出せる

加藤善一郎

50 清水店長の「あなたに応えるこの一冊」 51

まもなく平成の御世が

終わりを告げます。

あらためて、

皇室の伝統的精神とは

どういうものなのでしょうか。

清水克衛

52 それぞれの花 27

発 心

文=田渕高志

56 パパッと旬菜 もう一品 15

菜の花のピリ辛炒め

/菜の花の煮浸し

たけのこのチーズ焼き

/たけのこと豚肉の炒めもの

本誌 編

読者のひととき

60 ◦誌友会案内

ぐるり全国 れいろう誌友会

れいろうと所報の会(岡山県・児島)

62 ◦投稿コーナー

65 ◦れいろうクイズ

66 次号予告/編集つれづれ記

平成31年3月号「若菜色」

春、3月といえば鄙の節句。ひな壇飾りにかかせない菱餅が3色になったのは意外に新しく、明治になってからだそうだ。上からピンク、白、薄い緑と重ねるのが定番で、ピンクは桃の花、白は雪、緑は草と大地を表している。さらにもともとは古代中国の上巳節のときに食べるハハコグサを搗いて作った餅が原型なのだとか。今では餅よりも、ゼリーやケーキが好まれるらしい。風習の姿かたちは時代とともに変化しても、毎年初々しい若菜色の草の芽を芽吹かせる大地の力は不変だ。

『れいろう』平成31年3月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 140g

在庫あり
数量: