『れいろう』平成31年1月号

『れいろう』平成31年1月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 138g

在庫あり
数量:

3 母を憶う 44
母に褒めてもらえる日まで
武村章夫
4 STAGE 最終回
「地域の居場所」をめざして
伊東優子
11 特集
自己を大切にする
12 コミュニティの輪を広げる
──相互扶助の精神でよい気を巡らす
モラロジー研究所 生涯学習講師 安藤正浩
17 テーマ解説 1
自他を大切にする生き方
──「道心」を育てる
モラロジー研究所 顧問 松浦勝次郎
22 誌上ゼミナール
野中の一本杉になるな
廣池千九郎エピソード〜いつも明朗清新でいる〜
本誌 編
25 祈りのしつらえ 13
新年の季節飾り
菊炭の飾り
広田千悦子
26 女徳なくして国は栄えず 13
主張するときは
このうえなく優雅に
石川真理子
28 白駒妃登美の「なでしこ」歴史物語 59
支えて、そして愛されて
──武市半平太の妻・富子
白駒妃登美
31 今日から始める自分磨きの習慣 61
自分磨きは「人磨き」
三枝理枝子
32 心に残る話
「心」の成長をめざして
山川達也
34 地球さんぽ 25
熊 野(日本)
本誌 編
37 ポカポカかぞく 〜家族のきずなエッセイ〜 49
「ぼくが家族にできること」
三橋悠生
新連載 38 勇気づけ子育てであなた色の人生を 1
心のボトルを満たす
長谷静香
新連載 40 小さな幸せ見ぃつけた 1
わが子は宇宙人?
棒田明子
42 じいちゃん、ばあちゃんが先生! 16
明るくあいさつをするって、
どうして大切なの?
杉角光枝
45 対 談
人間の根っこをどう育むか
清水良明
  ×
大畑誠也
50 清水店長の「あなたに応えるこの一冊」 49
人間の命の正体、本当の自分
っていったいなんでしょうか。
清水克衛
52 それぞれの花 25
共 鳴
文=田渕高志
56 パパッと旬菜 もう一品 13
水菜とちくわの酢味噌和え
/水菜の明太バター炒め
セロリとにんじんの甘辛炒め
/セロリ入り和風ピクルス
本誌 編
読者のひととき
60 ◦誌友会案内
ぐるり全国 れいろう誌友会
ほほえみ(三重県・桑名員弁)
62 ◦投稿コーナー/れいろうクイズ
66 次号予告/編集つれづれ記
平成31年1月号「常盤緑」
新年を迎えた静かな街を歩くと、あちこちに設置された豪華な門松や工夫をこらしたカラフルな松飾りが目を楽しませてくれる。松の木は芸能の神の寄りしろでもある。冬でも枯れず、緑色のままである不変性が目出たいものとして、また気品と重厚さを持つ姿かたちが好まれて、日本では昔から繰り返し繰り返し描かれてきた題材でもある。未来を担う子供たちを見守る老い松も、子供たちの生気を受けて常盤緑の葉の色も鮮やかに言祝いでいるだろうか。

『れいろう』平成31年1月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 138g

在庫あり
数量: