『れいろう』平成30年6月号

『れいろう』平成30年6月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 140g

在庫あり
数量:

3 母を憶う 38
頭は何度下げても減らないんだが……
上神田梅雄
4 STAGE 24
自分の「宝」を生きた証として後世に残す
鈴木一雄
9 れいろうの目
GHQ復活
廣池幹堂
13 特集
喜びをつくる
││まず精神を造り次に形式を造る
14 人を生かし育てる心
──無限の可能性を信じて
モラロジー研究所 生涯学習講師 高木壽夫
19 ともに生きる
──一期一会の人生に感謝して
株式会社クラロン 取締役会長 田中須美子
24 誌上ゼミナール
義務の先行(2)
廣池千九郎エピソード〜父・半六の教え〜
本誌 編
27 今日から始める自分磨きの習慣 54
直観力を磨くには
三枝理枝子
29 心に残る話
国家と国民、国民と国家
紀太 功
30 鎌田式防災! 家族を守るハート&アクション 最終回
防災をゴールから
逆算してみる
鎌田修広(文)
赤池キョウコ(構成・マンガ)
32 女徳なくして国は栄えず 6
心を満たす諸芸と教養
石川真理子
34 地球さんぽ 18
ウィットビー(イギリス)
本誌 編
37 祈りのしつらえ 6
幸運を招き、邪気を祓う
紫陽花守り
広田千悦子
38 白駒妃登美の「なでしこ」歴史物語 52
創意工夫の遺伝子で
産業をつくる
──久留米絣の創始者・井上伝(1)
白駒妃登美
41 ポカポカかぞく 〜家族のきずなエッセイ〜 42
「お母さんの優しい手」
福田有倖
43 対 談
師に学ぶ
──人を育てる愛のムチャぶり
立川談慶
  ×
清水千弘
48 じいちゃん、ばあちゃんが先生! 9
どうしていつも僕が
我慢しなくちゃいけないの?
山田 順
50 清水店長の「あなたに応えるこの一冊」 42
私たちには必ず
死がおとずれるのに、人は
なんのために、何を目的に、
生きているのでしょうか。
清水克衛
52 それぞれの花 18
青 嵐
文=田渕高志
56 パパッと旬菜 もう一品 6
じゃがいものガレット風
ピーマンの明太子和え
本誌 編
読者のひととき
58 ◦誌友会案内
ぐるり全国 れいろう誌友会
千年さんごの会(徳島)
60 ◦れいろうクイズ
61 ◦プレゼント企画
62 ◦投稿コーナー
平成30年6月号「若苗色」
頭上にヒバリがさえずり、足元に蛙が鳴く。たよりなげな稲の苗が整然と列をつくる田んぼの水面を、梅雨入りを知らせる湿った風が渡るとき、土のいい香りがあたり一面に立ちのぼった。ミゾソバやセリ、タンポポに縁取られた小川の水音を聴きながら、ゴミひとつ落ちていない細い農道を通って学校にも職場にも通った。今はすでに消え失せてしまったその光景が、心のうちに広がる。澄んだ水の色を含んで群れなす若苗の残像は、淡く切なく可憐である。

『れいろう』平成30年6月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 140g

在庫あり
数量: