子供と語り合う「道徳の時間」

子供と語り合う「道徳の時間」

販売価格: 1,080円(税込)

重量: 172g

在庫数 34点
数量:

 

 

 

 

教師も生徒も、「新しい目」が開かれる授業を 

小中学校での子供の教育や大学での教員養成等を通して、70年以上の教師生活を送ってきた著者。

人生93年を経た今、世の中の多くの人々と学び合いたい「人間の本当の生き方」を語る。

寺門光輝 著

128頁 四六判 ISBN: 978-4-89639-213-5

 

 

【主な内容】

第一章  新しい目を開く「道徳の時間」 ――学校教育への提言

  • 「道徳の時間」設置から半世紀を経て
  • 「宗教」を切り離した日本の教育
  • 教えるべき「生き方の基本」
  • 死はゴールではない
  • 人間の本当の姿
  • 道徳教育の要として ―― 補充・深化・統合・交流
  • 「道徳の時間」はこんな時間にしたい

 主題(1)「青の洞門」(小学校高学年〜)

  1. 人は変わるものである
  2. 「良心」とは何か
  3. 「高い志」と「一つのことをやり抜く意志」
  4. 子供に何を気付かせ、心に何を植えつけるか

 主題(2)「挨拶の力」(小学校高学年〜)

  1. “おや?”と思わせる授業を
  2. 教師自身の実践を大切に
  3. 具体例から「心づかい」の問題へ
  4. どこまで主題を深めるか
  • 「最高」をめざして
  • 「新しい目を開く授業」「心に響く授業」とは

第二章  子供の心にはぐくむもの――家庭教育への提言

  • 家族だからこその「気まずい空気」?
  • 「寒いね」と言われたら……
  • 「あ、そう」 ―― 受容・共感の一言から
  • 怒らず、褒めよ
  • 人生と子育ての目的
  • 日々、心の「修養」を
  • 心を清める言葉
  • 大切にしたい「昔からの生活習慣」

 第三章  九十年を生きて「人生の真の幸せ」を思う――これからを生きる青年たちへ

  • 自分の体に流れる「血」を思う
  • 家庭ではぐくむ「畏敬の念」
  • 「心を割って話し合える異性」の存在
  • 一人ひとりを尊重する教育
  • 「師」との出会いを求めて
  • 基本の徹底で自信をつける ―― 「寺門式ひらがな指導法」を例に
  • 深く考える ―― 「健康で文化的な生活」とは
  • 「幸福」「希望」の真の意味
  • 「人間の本性」を理解する ―― ここからはじめる「修養」
  • 喜びの多い日々を送るために

あとがきに代えて――新しい教育の流れを追い風に

 

<著者略歴>

寺門 光輝(てらかど みつてる)

大正7年(1918)、茨城県生まれ。昭和13年(1938)、茨城県師範学校を卒業し、水戸市立五軒小学校訓導となる。以来、県内の小中学校に勤務し、茨城大学教育学部附属愛宕小中学校教頭、茨城県教育委員会指導主事、大宮町立大宮小学校校長、茨城県教育委員会教職員第一課長等を歴任。52年11月、教育功労者として文部大臣より表彰を受ける。53年4月、水戸市第二中学校校長を退職。このころからモラロジー研究所の講座を受講、研修を始める。57年携わる。平成元年(1989)、勲五等瑞宝章を受章。現在、茨城キリスト教大学名誉教授、公益財団法人モラロジー研究所参与・客員講師。

 

 

 

 

この本を「出版部日記」で紹介しています。

 

 

  

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
 
<関連書籍のご案内>

 

 

 

子供と語り合う「道徳の時間」

販売価格: 1,080円(税込)

重量: 172g

在庫数 34点
数量: